札幌 整理収納アドバイザー佐藤真美のブログ ~らくらくスマイル生活♪~

札幌在住の整理収納アドバイザー エムスマイル佐藤真美です。おうちをスッキリをさせたい!もっと暮らしやすくしたい!イライラの毎日から解放されたい!!を叶えるお手伝い”整理収納サービス”を行っております。札幌はもちろん北海道内お気軽にご相談ください。収育指導士として「収検」を開催、 セミナーなどのご依頼も承ります。  

冷蔵庫の買替: 新しい冷蔵庫選び編 

 

 昨日に引き続き 冷蔵庫買い替え日記です(^^;

新しい冷蔵庫をどうするか・・



電器屋さんには ある程度絞ってから 行くべし 

どのメーカーの 何を見ているのか

訳が分からなくなります(私です)



でも お店の人に各メーカーの違いなどを

聞く方が自分で調べるより断然早い気もしました



店頭 ネット検索を繰り返し

譲れないポイントをあげて 合うものを

かなり絞れてきました


我が家の場合は

✔ 今以上は大きくしない
✔ 白系
✔ フレンチドア(観音開き)
✔ 野菜室に2Lのペットボトルは立てられる
✔ 冷凍室は2段
✔ チルド室の引き出し出し入れしやすい




プラス 今回 悩んだのは

真ん中野菜か 真ん中冷凍か

この22年 真ん中野菜室 だったので



ちなみに 下記に絞った理由は

✔ 今以上は大きくしない
 → 最大容量を使う時期を過ぎた
 → けどまだ暮らしの変化はありそう

✔ 白系
  →キッチンの建具の兼ね合いで

✔ フレンチドア(観音開き)
  →調理スペースの真後ろが冷蔵庫なので 片開きは不便

✔ 野菜室に2Lのペットボトルは立てられる
  →そんなに使わないけど できると便利

✔ 冷凍室は2段
  →あまり細かく仕切っても 使いこなせない

✔ チルド室の引き出し出し入れしやすい
  →チルド室が私からすると高めの位置にあり、できたらスライドで入るタイプが理想




あれこれ悩んだ結果

Panasonicさんの真ん中冷凍にしました



上記の条件に加えて

✔チルド室 シンプル
✔野菜室 冷凍室 全開になる



ここ最近 冷凍室を使うことが増えたこと

一度くらい 真ん中冷凍使ってみよう

今の年齢なら まだ変化にも馴染めそう(笑)

こんな理由です



最低限の条件はクリアしたのですが

こまかな要望をすべて叶える冷蔵庫はないものです



★上部にコンプレッサーがあり 収納は最上段半分

死蔵になりがちな場所だから逆に便利!というのが売りなのですが

ピザなど大物ストックを入れるのに重宝していた場所なので

ん~~~~というところ


★ドアの割合が3:7ということで 片側はおもったより小さい



こうしてわかるように

使い勝手重視です 

高度なシステムの差はわかりません



今回 いろいろ調べていて思ったのは

冷蔵庫の外寸の表示はあっても

引き出しなどの中はサイズ表記が無いこと
(どこかにあるのかな。。。)



HPなどをみても チルド室やドアポケットなど

モノがたっぷり入った状態でしか写ってないので

実際 形状すらよくわからない



開口部がどのくらいなのか 

何センチのモノまで入るのか

わからない



野菜室や冷凍室も 

上段 下段の引き出しの深さは明記なし

いつも入れていたものが入らない!!ってこともありそう



何リットル入る という表記になっていますが

大きければ たくさん入るかは別ものです



お部屋と同じで 6畳だからどこも同じかといったら

ドアや窓の場所 天井の高さ 収納の場所で

実際使える場所は かなり違うものです



入れたいものが ちゃんと入るか

ここの見極め 重要だなと感じました


***********

高さの低いのでも私はよかったけど
旦那さんが上が見えちゃうは…という話にもなりました





**お片付けのご依頼・ご相談はお気軽に**

090-1812-5157 (佐藤真美)
mail:rakurakusmile@yahoo.co.jp

LINEでのお問合せ

申込フォームからのお問合せ


訪問日カレンダー

エムスマイルのホームページへ




本日もご訪問ありがとうございました
クリックしていただけると、更新の励みになります(^。^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ


△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→https://rakurakusmile.blog.fc2.com/tb.php/3638-12e00ee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top